病気のこと

2018年10月16日 (火)

お薬の飲ませ方

10月初旬に恒例の秋の健康診断の結果を聞いてきました。
今のところ二人とも腎臓の数値は正常範囲内にとどまっています。
また二人とも関節炎の傾向があるとのことでしたが
普段の生活を見ている分には問題なさそう(年相応)です。

気になるところは、
ダイちゃんはやや貧血気味で、かつ、炎症反応があるということ。
ムーちゃんに甲状腺機能亢進症がみつかったということです。

ムーちゃんはまたお薬が増えます。
それも一生続けないといけないらしいです。

ムーちゃん、お薬飲もう
0248
            イヤです(-_-X)

ダイちゃんは先日、右耳の中が黒くなっていて、腫れているのがみつかりました。
そのせいで炎症反応がでていたのかもしれませんね。
そして、期間は短いですが、やっぱりお薬です。

ダイちゃん、お薬飲もう
0249
            イヤ~o(;△;)o

現在のにゃんずのお薬状況は

両方・・・セミントラ(液体)、イパキチン(粉、サプリ)
ムーちゃん・・・甲状腺のお薬(錠剤)
ダイちゃん・・・抗生剤(錠剤、7日間)、点耳薬

こんな感じです。

もちろんにゃんずはお薬が大嫌いです。
これを毎日やるのは至難の技なのです。

苦労の末にたどりついた現在の方法は・・・

イパキチンはドライフードにまぶしてあげる。これで普通に食べてくれます。
セミントラは、ムーちゃんはちゅーるに混ぜて
ダイちゃんはおやつパウチに混ぜてあげているのですが
これでも素直には飲んでくれなく
その気にさせて自発的に飲んでくれるまで結構な時間がかかってしまいます。

お薬用おやつアレコレ
0250

小皿にお薬を混ぜたおやつを用意して
本人の口元まで持って行ってもダメな時は
お口にちょっとおやつを付けてあげると
ようやくお皿を舐めてくれる感じです。

そして一番の問題は錠剤です。

かかりつけの病院から、投薬用ちゅーるをお試しでいただいたのですが
これで試したところ、
ムーちゃんは見向きもしませんでした。

ただ、ダイちゃんはこのちゅーるが好きらしくて
中に錠剤をくるんであげたのですが
お薬に気がつかずに完食してくれました(笑)

ムーちゃんはどうやっても錠剤はだめだったので、
もう強制的に口をこじ開けて放り込む方法をとっています。
うまく口の中に入れないと、
数分たってからでも「ペッ」と吐き出すので油断なりません。
夫と二人で、さっと捕まえて口をあけてもらって、ポンと口に放り込みます。
(錠剤の場合は投薬の後、少量のお水を与えるといいそうです)

かわいそうだけど
お薬をあげずに放置しておくと命にかかわるので仕方ないです。

お薬との長い付き合いが始まりました。
できるだけにゃんずの負担にならないように
工夫して与えたいものですね。

  10/12現在のにゃんずの体重 ムー 3.31kg ダイ 6.11kg

| | コメント (0)

2018年8月21日 (火)

好みのフードを求めて

ムーちゃんの体重減少が止まりません。
とにかく食が細い。
1日でドライフード11gしか食べてくれない日もあるくらい細いです。

8/17現在の体重は、ムーちゃん3.29kg ダイちゃん6.26kgです。

ダイちゃんまで体重が減ってきました・・・。

並んで寝ているムーちゃんとダイちゃん
0238
          今はこんなに大きさが違う

ダイちゃんが赤ちゃんの頃だけど
0239
          こんな時代もあったねと~

腎臓の数値が悪くなってきたので
ほぼ腎臓病の療法食にしているのですが
どうもお口にあわないようです。

今後のためにも、今まで試したフードの記録を残しておきます。
〇:食べる △:少し食べる ×:食べない、興味なし

一般食(ドライフード)
 ・和の極み セレクトヘルスケア 腎臓の健康維持サポートチキン風味 360kcal/100g
   ムーちゃん△ ダイちゃん△

 ・NOW FRESH シニア猫&体重管理用 357kcal/100g
   ムーちゃん△ ダイちゃん×

 ・ピュリナワン 長生き猫の健康維持 15歳以上 440kcal/100g
   ムーちゃん△ ダイちゃん×

腎臓療法食(ドライフード)
 ・BLUE NATURAL Veterinary Diet KM 猫用腎臓&関節サポート 396kcal/100g
   ムーちゃん△ ダイちゃん△

 ・Dr.'s Care 猫用キドニーケア チキンテイスト 426kcal/100g
   ムーちゃん△ ダイちゃん×

 ・Dr.'s Care 猫用キドニーケア フィッシュテイスト 423kcal/100g
   ムーちゃん○ ダイちゃん○

 ・Hill's PRESCRIPTION DIET k/d 腎臓ケア チキン 421kcal/100g
   ムーちゃん○ ダイちゃん×

 ・ROYAL CANIN VETERINARY DIET 腎臓サポートセレクションRENAL 411kcal/100g
   ムーちゃん○ ダイちゃん×

腎臓療法食(ウェットフード)
 ・Hill's PRESCRIPTION DIET k/d 腎臓ケア チキン&野菜入りシチュー 70kcal/缶
   ムーちゃん× ダイちゃん△

 ・Hill's PRESCRIPTION DIET k/d 腎臓ケア ツナ&野菜入りシチュー 70kcal/缶
   ムーちゃん× ダイちゃん○

 ・ROYAL CANIN VETERINARY DIET 腎臓サポートRENAL 128kcal/100g パウチ
   ムーちゃん× ダイちゃん△

 ・ROYAL CANIN  腎臓サポートRENAL with FISH 102kcal/100g パウチ
   ムーちゃん× ダイちゃん○

お薬用おやつ(セミントラ用)
 ・にゃめーる チキン風味 6kcal/本 スティック
   ムーちゃん○

 ・無一物 鶏むね肉 21kcal/袋 パウチ
   ダイちゃん○

 ・モンプチ ピュアスープ 魚介とチキンのコンソメ風 5kcal/100g パウチ
   ムーちゃん△ ダイちゃん△

 ・シーバ とりささみ味セレクション 8kcal/本 スティック
   ムーちゃん× ダイちゃん△

 ・減塩無添加ねこごはん チキン入り 22kcal/袋 パウチ
   ムーちゃん× ダイちゃん△

ふりかけ
 ・フリーズドライのササミふりかけ
   ムーちゃん〇 ダイちゃん〇

今後試してみたいもの
 ・Hill's PRESCRIPTION DIET k/d 腎臓ケア チキン 156g 177kcal/缶
 ・Hill's PRESCRIPTION DIET k/d 腎臓ケア ツナ入り 156g 170kcal/缶
 ・アニモンダ インテグラプロテクト 猫用腎臓ケアシリーズ ドライ、ウェット

試行錯誤の日々はまだ続きます。
とにかく少しでも多く食べてくれますように・・・。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

春の健康診断の結果

GW前にムーちゃん、ダイちゃんの健康診断をしてもらい
GW入ってすぐに結果を聞きにいきました。

まずはダイちゃん
0216
     モニタの前でぼてっと寝るのが大好き

現在体重は6.80㎏です。
去年は芽胞菌に悩まされましたが、
今年になってからもう抗生剤は飲んでいません。
ようやくお腹が緩くなるのから解放されたのですが
今度は便秘気味らしく、ウンチがちょっとずつしかでないのが心配です。

心配していた腎臓の方は検査結果に異常はありませんでした。
ただ若干貧血気味らしいです。
首の後ろのしこりは今も変わらず残っていますが、
本人はまったく気にしていない様子です。

食欲は閉じ込め事件以後戻ってきて、モリモリ食べています。(笑)

次にムーちゃん
0217
     お顔小さくなっちゃったね

体重減少がずっと続いていて、現在3.86㎏です。
1年前と比べて1㎏くらい減りました。
毛がふさふさしているので、ガリガリには見えないのですが
実際触ってみると痩せているのがよくわかります。
自分からご飯を食べにいっているのですが
食べる全体量がダイちゃんにくらべて圧倒的に少ないです。
もっと食べてくれないかなぁ。

腎機能検査のSDMA値が前回17だったのが、今回7と正常値に戻っていました。
腎臓に配慮したご飯に変えたのと、セミントラやイパキチンの効果でしょうか。

腎臓に関してはホッとしたのですが、
ムーちゃんの検査結果には重大な異常がありました。

猫アミロイドa(SAA)の数値が73.2もあるのです。
正常値が0.0-2.5までなので、ものすごく高いのがわかります。
これは人間でいうCRP炎症反応みたいなものらしいです。

ん?CRP?
私がつい最近、CRPが高くて入院すすめられたのと同じ感じ?
その時私は23くらいだったので、73ってめちゃめちゃ高いんじゃ?

とにかく原因がわからないので
2週間効くという抗生剤をGW期間中に注射してもらいました。

もう少したったらまた病院で血液検査しなければなりません。

私がCRP高かったときは、体が結構つらかったのですが
ムーちゃんは全然普通に過ごしているようにしか見えないのです。
ただ、猫って痛みを我慢するらしいので、我慢しているならかわいそうだなぁ。

健康診断の結果は以上の通りです。
次回はまた秋にすると思います。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

秋の健康診断の結果

毎年10月下旬に受けているにゃんずの健康診断とワクチン注射を
今年はちょっと早めの上旬に受けてきました。

その結果が出たのですが、
にゃんずは共に通常の血液検査と甲状腺検査はほぼ異常なし。

ダイちゃんは腎臓の検査(SDMA)もレントゲンも異常なし。
ただし、芽胞菌としこりはそのままなので、毎日のお薬は欠かせません。

でも、ムーちゃんはだめでした。
SDMAという腎機能の検査は2か月前より15→17に悪化していました。
それでもまだクレアチニンなどの血液検査は正常値です。

最近は、セミントラという液体お薬とイパキチンという粉末のサプリメントを
食事にまぜて与えています。

イパキチンはドライフードにまぶしてやればいいのですが
セミントラはまったくなめてくれません。
ささみのふりかけをセミントラにまぜてやらないとお薬を飲んでくれないので
困ってしまいます。

ムーちゃんはご飯もささみのふりかけをかけてあげないとほとんど食べません。
ささみはタンパク質とリンが多いので
本来、腎臓が悪いならさけるべきなのですが
ご飯もお薬もそれでないと受け付けないので、
悩んだ末に、与えることにしました。体重減少も続いていますし・・・。

そしてもう一つの病気がレントゲン検査の結果判明しました。
それが、変形性脊椎症というものです。
ダイちゃんのレントゲンと比較するととてもよくわかるのですが
ムーちゃんの脊椎には棘みたいな突起がいくつもありました。
進行すると脊椎がくっついてしまったり、神経を圧迫して痛がるようになるそうです。

現在のムーちゃんの様子をみるかぎりでは
年相応ではありますが、ジャンプもするし、走ったりもできています。

これはいわゆる加齢のためにおきるものであって
対処療法しかないみたいです。
病院でサプリメントをお試しでいただいてきたのですが、
ムーちゃんはまったく受け付けてくれませんでした。

ムーちゃんは人間でいえば80歳をこえるくらいになっています。
いろいろ病気がでてくるのは仕方ないかもしれません。
お薬は捕まえて無理やり飲ませることもできるかもしれませんが
あまり嫌な思いをさせずに、穏やかにすごしてもらいたいのです。

こんな穏やかな寝顔をいつまでも見られますように
0181

0182

| | コメント (2)

2017年8月20日 (日)

ムーちゃんに関する心配事

先日の月曜の夕方頃、
ムーちゃんがおトイレを出たり入ったりしていることに気がつき

ペットシーツを見てみると・・・赤いしみがいくつかできていました。

は・・・血尿が出てる

あきらかに血尿なんだけど、量が少ない。
そして床のあちこちでちょっとずつおしっこを漏らしています。

もしかして尿道がつまって出にくいのかもと心配に。

もう夕方でお盆の時期だったので、
いつもお世話になっている動物病院と連絡がとれず
夜になってから、夜間救急動物病院で診てもらいました。

幸いなことにおしっこは溜まっておらず
抗生剤を注射してもらって帰ってこれました。
その後、かかりつけの病院でもみてもらい、今は落ち着いているようです。

昨日のムーちゃん
0149
救急病院では16歳半には見えないと褒められました

それ以外にも、ムーちゃんは5月くらいから体重が徐々に減ってきていて
ご飯をあまり食べていないようなので、それも心配の種です。
かつては6㎏近くあったのに、今では4.5㎏まで減ってしまいました。

16歳半という高齢なので、食が細くなっているのかもしれません。
すでに慢性腎不全と診断されているので
食事にも気をつけないといけないのに
食べているのは見かけるのに、ほとんどドライフードが減っていません。

ただうんちはそれなりに出ているので
ぜんぜん食べていないわけではなさそう。
もうちょっと食べてくれないかなぁ?

ムーちゃんもダイちゃんも高齢になってきていて
心配の種は尽きません。
二人とも病気持ちですが、今のところ普通に過ごしています。
元気がないわけでもありません。
このまま穏やかに過ごし、少しでも長生きしてくれればと願うばかりです。

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

健康診断

先週末、ムーちゃんとダイちゃんの健康診断をしに、地元の動物病院にいってきました。
今回は血液検査のみです。
結果は1週間くらいででるとのことでした。

血液検査にきたにゃんず
0128

昨日の夕方ころ、先生から直接電話がかかってきて

「ダイちゃんの血液検査で異常がみつかったので、検査結果を聞きにくるときに
 ダイちゃんもつれてきてください。」

え?異常って何?またダイちゃんに何かあったの?

頭が真っ白になって、その電話で異常が何であるか聞くことができませんでした。

そして今日午前中にダイちゃんもつれて動物病院へ行ってきました。

異常というのは、白血球や血小板がかなり少ないというもので
その場で採血して再検査をしてもらったところ

異常なし・・・。なんでかわからないけど、いつも通りの正常値。

もーう、ダイちゃん心配したじゃない。
ママは昨日泣くほど心配したんだよ
とりあえずは良かった良かった。

心配させておいて超くつろぎモード(笑)
0129

一方のムーちゃん。
半年前はすべて正常値の異常なし、健康だったのですが
今回は腎臓の検査結果がややよろしくない。
最近はお水をよく飲むし、体重が減ってきたので心配です。

年齢も年齢だし、そろそろお薬のお世話にならないといけないとのこと。

お薬は「セミントラ」というやつで、液体なのでフードに混ぜてあげると楽みたいです。

さて、お薬大嫌いなムーちゃん。
おとなしく飲んでくれるかな?

この年になると、健康診断は半年に1回はやったほうがいいみたいです。
1年で人の年齢にすると4つ年をとる感じなので、
年1回では病気の発見が遅れるかもしれません。

ムーちゃんは半年前はまったく異状なしだったのに、
今回は腎機能検査のSDMAの数値が10から15にあがっていました。
14までが基準値なので、今回からお薬です。

腎臓病は猫にとっても多い病気で、壊れた腎機能は治りません。
進行をできるだけ遅くすることしかできないのです。

まだ尿素窒素、クレアチニンは正常値です。
お薬でできるだけ病気の進行が遅れますように・・・。

長生きしようね(o^-^o)
0130

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

芽胞菌との戦いは続く

ダイちゃんの芽胞菌は忘れたころに暴れ始めます。
3月に入ってからはずっと順調でしたが、
1週間くらい前からまた下痢をぶり返しました。
ただ、症状は最初のころに比べれば少し軽い感じです。

現在お薬は整腸剤を朝夕の1日2回、抗生剤を1日おきの夕1回あげています。
それでしばらくはとてもいいうんちがでていたのですが
突然ゆるくなるんです。

そういう時は抗生剤を毎日1回に切り替えています。
それで下痢も1日で治まるのです。

昨日お薬としこりの経過をみてもらいに
ダイちゃんを病院につれていったのですが
しこりの大きさも体重も前回と変わりなく
看護師の方に毛がふさふさと褒められて帰ってきました。

病院から帰ってきて毛づくろい中のダイちゃん
0102
          褒められたしきれいにしなくちゃ

とにかく昔から腸が弱い子なので、
芽胞菌に勝てる免疫が年とともに弱くなっている
みたいなことを先生がおっしゃっていました。
もう一生抗生剤はやめられないかもしれません。

病院から帰ってくると、
ムーちゃんのたからものの猫じゃらしが見当たりません。

一人で留守番をさせていたので、
寂しくなって、猫じゃらしをくわえながら歩き回ったようです。
そのたからものは私のベッドの横に落ちていました。
ムーちゃんは本当に寂しがり屋です。

パパに留守番のご褒美のクシクシをしてもらってご満悦のムーちゃん
0103
          もっとして~

| | コメント (2)

2017年1月13日 (金)

しこりその後

昨日また、ダイちゃんのしこりの検査を大学病院でしてもらってきました。

検査の12時間前から絶食のダイちゃん。
それにお付き合いさせられるムーちゃん。
共に朝からご機嫌ななめです。

ムーちゃんには出発前にドライを山盛りにいれてあげて
お留守番をお願いしておきました。

大学病院は相変わらず混んでいましたが、ワンちゃんばかりなんですね。
猫の姿はほとんどみられませんでした。

診察前にキャリーの中から恐る恐る外を眺めるダイちゃん
0066
       また怖い事されるの?

すべての検査を終えて、ダイちゃんが無事に戻ってきたのは夕方の5時過ぎでした。

担当の先生のお話では、
ダイちゃんはとてもいい子で、「大きな猫」ということで人気者だったそうです。

肝心のCT検査の結果は、2か月前とほぼ大きさはかわらず
今後どうするかの選択をしなければなりませんでした。

そして私たちの選択は、「このまま様子をみる」にしました。

また半年後か1年後かわかりませんが、
検査をすることになるかもしれません。
それまでは毎日しこりを気にしながら見守ることにします。

できればこのしこりは一生大きくならないでほしいなぁ。

帰ってきてからのダイちゃんは、まだ麻酔が完全に抜けてないのか
足がおぼつかない感じでした。
ご飯は様子を見ながら与えてくださいと言われていたので
すぐにはあげずに見守っていたら・・・。

自分の食事トレイの前でお腹すきましたポーズ
0067
        ご飯まーだー?

根負けしたママは、少量お水を与えてみてむせなかったので
缶詰をあげてしまいました。

お腹が満たされてくつろぎ中
0068_2
          ポンポンらー

ダイちゃん、お疲れ様。
ムーちゃん、お留守番ありがとう。

| | コメント (3)

2016年11月10日 (木)

検査結果を受けて

今日は夫と二人で、大学病院でダイちゃんの検査の結果を聞いてきました。
ムーちゃんとダイちゃんはお留守番です。

ベッドの上で仲良く?お留守番
0022
          いってらっしゃーい

先日しこりの組織をとって検査に出していたのですが、
結果はやはり良性でした。

まずは、よかったよかった。

そこで今後のことについて先生と相談です。

地元の先生とは、手術をする方向でと決めていましたので
今日は覚悟をして、あとは日取りをいつにするかという話になると思ったのですが
意外にも、大学の先生の話は違っていました。

このまま様子をみてもいいと言うのです。

しこりが大きくなる可能性もあるが、
あまり大きさが変わらない可能性もある。
大きくならないなら、このまま切り取らないという選択肢もあるというのです。

今のダイちゃんがあまりにも普通の生活を送っているので
できれば手術とかはしたくないです。

折りたたみベッドの上に登って元気アピール
0023
        まだまだこれくらい登れるよ

なので2か月後にもう一度CT検査をすることにしました。
猫の2か月は、人間でいうと半年くらいだそうです。

このまましこりが大きくなりませんように・・・。

| | コメント (4)

2016年11月 6日 (日)

しこりを取ることに

昨日はムーちゃんのワクチン注射と健康診断に行ってきました。
珍しく、ダイちゃんは一人でお留守番です。

なんだか9月くらいから毎週動物病院に行ってる気がします。

ワクチン注射をお尻にされて、やっぱりご機嫌ななめなムーちゃんです。(笑)

病院の待合室にて
0018
     お尻に触るなんて失礼よ(#`Д´)

健康診断のあと、地元の主治医の先生にダイちゃんのことについて相談しました。

浸潤性の脂肪腫でこの先も体の内部に広がっていくかもしれないということ
今なら筋肉や骨を削ることなく全部とれるということ
まだ手術を諦める年齢ではないということ

そういう説明を受け、夫婦で話し合った結果
手術をしてもらう方向で話を進めることにしました。

今後の経過は、このブログに記録として残していくつもりです。

お留守番をしていたダイちゃんは
私たちが帰ってきたらすぐに玄関に迎えに来てくれたのですが
ご機嫌ななめなムーちゃんの八つ当たりを受けて
シャーって怒られていました。(笑)

0019
        またお姉ちゃんに怒られちゃった

| | コメント (4)